記憶と記録の色眼鏡

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宮之浦岳

R0011129s.jpg

GR DIGITAL



R0011131s.jpg

GR DIGITAL



IMG257s.jpg

FA50mm F1.4 + KODAK ULTRA COLOR 100



縄文杉を見た後、さらに奥へ奥へ。

1時間半ほどあるいたところにある
無人の無料山小屋へ泊まります。


すでに10キロ以上山道を歩いているため、
最後のきつい傾斜が本当につらい…。

相方含め疲労困憊です。


花崗岩なので滑りにくいため歩きやすいのですが、
ロープを使って登るところなど、
なかなかの急傾斜。

全行程の中でここが一番辛かったです。



重い足を動かしながら、新高塚小屋に到着しました。


しかし…、誰もいません。

どうやら一番乗りのようです。
無人の小屋にしては比較的きれいな小屋ですが、
誰もいないと殺風景でかなりさびしい光景です。

と、心配するも、続々と人が集まってきました。


疲労を回復させた後、このときのために用意しておいた、
500円超の高級レトルトカレーを食しつつ、
用意しておいた「三岳」のワンカップを飲みつつ、
他の登山客と楽しく過ごしました。



しかし、明かりも無いため、日が沈むと
寝る以外することがありません。

19時過ぎにはぐっすり就寝。

日の出と共に起き、日の入りと共に寝る。

健康的、、というか原始的な生活です。
人間はこうあるべきですね。



翌日は朝6時半から登山開始。

ここから霧雨の中3時間登り詰め、
杉の森から森林限界を超え、
高山植物のみの世界へ入ります。

そして、一気に頂上に出ました。


とたん日の光が差し込み始めます。
超絶晴れ男効果発揮です。


日本百名山の最南端、
九州最高峰宮之浦岳を制覇です。


しばらく頂上を堪能した後、下山。


全長23キロ、約15時間を無事踏破しました。



登ってよかった。。

今度は永田岳や黒味岳にも登ってみたいです。


スポンサーサイト

テーマ:旅の写真 - ジャンル:写真

  1. 2007/09/29(土) 00:40:51|
  2. 風景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ヤックル | ホーム | もののけ×縄文杉>>

コメント

きれい!!

屋久島で晴れるなんて!
ほんとにだいちゃん晴れ男だ~。
ほんと屋久島はすごいパワーに溢れている島だよね。
われわれも数年前宮之浦岳縦走すべく行ったのに、台風直撃によりもののけの森までしか行けなかった・・いつかリベンジ!
  1. 2007/09/29(土) 21:28:59 |
  2. URL |
  3. nao #-
  4. [ 編集]

>naoさん

台風直撃でももののけの森まで
行ったんだ。すごいな。。

快晴だと頂上から四方の山の向こうに
海が見えるらしい。
それが見たかった、ってのは贅沢か。。

屋久島、リピートして行きたいところだね。

今度はもっと写真と撮りたい。
  1. 2007/10/01(月) 00:31:03 |
  2. URL |
  3. dai #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://underpine.blog56.fc2.com/tb.php/124-5cc3d63b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

dai

Author:dai
underpine@dream.com



何気ない日常をファインダー越しに切り取ると、そこには非日常が。


-機器-
Pentax K-x
Pentax *ist
CONTAX T2
NIKON NEW FM2
RICOH GR1s
RICOH GR DIGITALⅢ


文章blog

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

BLOG PEOPLE













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。